2009年05月23日

襞目おごめき

蜜溢れ
 襞目おごめき
  一人逝く
 いじらしき君
  見ゆる嬉しさ

 五月病という訳ではないが、ちょっと落ち着かない日々。妻にSOSを出して赴任先まで来てもらいました。
 何をしに来たかというと、このブログをごらんいただいている方は知っているかもしれませんが、要するに、妻に顔の上に座って逝ってもらうためなんです。
 もちろん妻の蜜で、私の顔中がドロドロ、ビチャビチャになるんですが、それが私が落ち込んでるときの一番の気付け薬。

 普通は、男性は射精することがすなわち逝くということ。対する女性も精を受け取るということでエクスタシーを感じる。これが生物としての本能。
 だから、私が逝かずに妻だけが私の目の前、特に顔に座って逝くということは、女性としての恥ずかしさを克服しないといけないことも相まって、本能を超越した人間の崇高な精神活動だと思います。

 最初は、私の顔を跨いで自分の指ででラビアを開いて見せながら、私に卑猥な言葉を投げて挑発してくる。私に元気になってもらいたいという妻の思いが伝わってくる。
 そのうちラビアを指で開いたまま私の顔の上にペッチャリと腰を下ろす。私の口の当たりにバギナをあてがい、鼻の頭のところにちょうどクリ○リスが当たる。

 妻の蜜も最初は透明で粘りけのない愛液。しばらく顔の上で腰をグラインドしていると、ヴァギナの入り口当たりが勝手に蠢いてくるのが分かる。
 そっと腰を浮かさせると、泡の様な蜜が垂れてくる。そしてヴァギナのうごめきに合わせて鼻提灯みたいにシャボンがふくらんだり萎んだりしている。よく見ると奥の方から白い固まりのような蜜も顔を見せている。
 この光景は、男としてはいつ見てもうれしいものである。

 最後は、色気もなく単調な動きなんだけど、ひたすらクリを私の鼻に押しつけながら前後に腰を揺らして逝ってくれる。
 まあ、生物としての本能も女性としての恥じらいも超越してことなので、ひたすら集中して単調な動きになるのはしかたがないし、そこまでして妻が逝ってくれることが嬉しい。



 愛するものが身体を開いてくれることの喜びより、このように、愛するモノの前ですべてを超越しさらけ出して逝ってくれることに、より深い幸せを感じる。


 でも本当は、こんな私に人生を預けてくれたことが一番嬉しいと感じているのも、また事実です。




PS:この記事を書きながら、手の甲で鼻の頭を擦ると妻のにおいがしてくる。なんかちょっぴりうれしくもあり、落ち着いた気分にさせてくれる。
posted by SUGIO at 14:05| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

陣後の守り

防人の 
 陣後の守りを
  解く君に
 振り打つ魔羅と 
  桜色の頬

 連休はどのようにすごされましたか?
 私は、久しぶりに家でゆっくりと休養しました。が、あっちの方もほぼ毎日頑張ったので、はたして休養になったと言えるかどうか微妙なところではありますが、、、。

 この4月はある意味、結婚以来こんなひと月は初めてという事があったんです。
というのも、4月は丸々一ヶ月間、妻が私の精に触れてないんです。これにはすけべ心からでもなく、冗談でもなく、本気で心配しました。

 単身赴任が始まるまでは普通なら、女の子週間の始まりの日には必ず口射精飲。女の子最終日には生で中だし。それに月の途中にも1,2回は口射や顔射が入ってたんです。単身赴任が始まってからもなんだかんだと言って最低でも月一は精にふれてたんですが、、、。

 夫婦はいいセックスをしないといけないというのが私の持論。それにはオーガズムスと安らぎ、心身共の一体感とお互いの粘膜のふれあいと体液の交換がなにより大切。
 特に、エクスタシーを得ていながら相手の体液を吸収できないとなると、自然の摂理からみて、ホルモンバランスが保てなくなるというのは、私の長年の研究の結果から明らかなんです。

 妻は、それを私の単なるスケベ心と勘違いしてるんですが、いずれにせよこの連休は、たっぷりとふれあい体液の交換もできてまずは一安心でした。
 その話題はまたの機会と言うことで今回は、マンネリ気味のワンパターンの話しを一つ。



 単身赴任を初めてから2週間に一度の金曜夜の帰宅。寝室に入って、妻の枕元に座り、まだ柔らかい私のモノを持ち上下に振って妻の顔をパッティングすることから私たちの夫婦生活が始まる。
 妻は、顔を上下左右に動かし、額や鼻先から顎に掛けて、また左右の頬を突きだして私のモノを受ける。
 
 そしてまだ完全に臨戦状態になる前、柔らかさが少し残っているところで鈴口の部分だけに小さく口付けし、思いっ切り吸う。
と、私の茎の部分が伸びると同時にカリの部分を含めて亀頭全体が妻の口の中に吸い込まれる。しばらくして口を窄めて私のモノを追い出す。その繰り返しで臨戦状態に立ち上げていく。
 見ていて、私の妻ながら結構巧いもんだなあと感心しきりです。

 まあ、その前に私のモノで妻の顔を叩いてる時は、
「欲しいんなら欲しいと言えよ!」とわたし。
妻も、「あなたこそ、硬くしてもらいたいんなら、舐めてくださいっと言いなさいよ」と応酬したりしながら、結構リラックス状態。とてもエッチをする前という感じではない。

 よく考えると、私のいない時はさすがの妻でも、夜物音がしたりすると恐くて心配になって寝られないなど、女手で単身赴任の留守宅を預かるのに苦労をしてる様子。
 それが私のモノで叩かれることで、逆にその気苦労から解放されてるのだとすれば、この行為もたんなるスケベ親父のエロだけじゃなく、夫婦の間で大きな意味を持つ重要な行為だといえる。


 でも、このことを妻に言うと「また馬鹿な事を言って」と言われるに違いないので、ここだけの話しということにしておこう。

posted by SUGIO at 17:46| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
応援、お願いします。 にほんブログ村 家族ブログ 夫婦生活(性生活)へ にほんブログ村

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。