2009年06月27日

桜貝

ワンショットグラスの
 向こうに視る君は
  蜜に浮かんだ
   桜貝かな

 実を言うと、私かなりの尻フェチ。どんな美女でもいくら胸が大きくてもお尻の形の悪い女性にはなぜか魅力を感じない。


 妻も結婚二十近くになるが、結構良い形を保ってる。目尻にシワもでき胸も垂れてきてるのに、お尻だけは二十代と変わらない感じ(と思ってるのは私だけかもしれないけど)
 案外、エッチにおいてイロイロなパターンでしてるので、逆に正常位で突きまくってないのも、垂れずに形を保ってる秘訣かもしれない。


 そんな私の密かな楽しみは、ベッドのヘッドボードにもたれて座り、四つん這いで向こうを向いた妻のお尻を視ながら、ナイトキャップのウイスキーを呑むことです。

 妻は「なんか私全然おもしろくないんだけど、、、」といいながらも、単身赴任へのサービスのつもりか、お尻を左右に振ったり背中を反らせたり、オマ○コをヒクヒクさせてみたり、結構イロイロとしてくれる。

 私も、ウイスキーを口に含んだままクリを舐めたり、バギナにぴったりと唇を付けてそのまま口を少し開ける。
 そうすると、バギナの入り口も少し開くので、すかさず舌を入れ、それに沿わせてウイスキーを少し流し込む。その後しばらくして愛液と一緒になったウイスキーを吸い取る。

 妻も結構刺激があるようで、「あっっ、もおーー」と言いながら自分でバギナに力を入れて閉めよううとしたりする。
 でも、絶対にこの濡れ方はウイスキーと私の唾液だけじゃなくって妻の愛液もかなり混じってると思う。

 そう言えば若いころ、シックスナインになってお互い口に氷を含んだまま相手のモノを舐めたり、私も妻のバギナの中に氷を入れて解けて出てくる水と愛液をすすってたことがよくあったのを思い出しました。


 実は、そのころからいつもお願いしていながらそのたびに妻に断られていたことを、ダメもとでもう一回お願いしてみました。

 断られるかと思いきや、「自分の奥さんのあそこでよく遊べるわねえ。感心するわ」と言いながらOKしてくれたんです。

 妻のオマ○コは、さすがにラビアの端の方はすこし茶色がかってはいるものも、なかのほうは結構ピンク色を保っている。ワンショットグラスの底に見える妻の内側も綺麗な桜色。泡や白濁した本気汁に浮かんだヒダヒダが結構入り組んでいて、ちょっとした小宇宙。

 感動してしばらく見とれていたんだけど、突然妻が「もうおしまいっ!」と言って自分からグラスをフニュッと追い出して、私の小宇宙旅行もあっけなく幕切れ。

 未だに目を瞑れば瞼に浮かぶんだけど、残念かなデジカメで撮る間がなかった。

 お願いだから誰か、瞼に浮かんだものを念写するデジカメを発明してくれー。
posted by SUGIO at 13:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

妻の歳時記

シワのない
 玉の袋を
  口含み
 もう六月だわねと
  妻の歳時記

 早いもので今年ももう六月。梅雨前のひとときの爽やかな暑さが心地よい。


 そんななか、妻の枕元に座って私のモノで妻の顔ペチペチと叩くことから私たちの夫婦生活がいつものように幕を開ける。

 言葉にして書くと結構エロティックだけど、現実はそうではない。尻合って20年、淡々と妻の顔を叩く。
 妻は額を向けたり顎を突き出したり左右の頬を交互に差し出したり。どうやら叩かれるのが嫌いではないらしい。


 そうしながらも単身赴任中の出来事を二人でアレヤコレヤと話し始める。話しが佳境にはいると決まって妻は私のモノをムンズと握って叩くのを中断させてからそれをマイク代わりに話しを続ける。

 モノが大きいままだと、「まじめに聞いてくれてない!」と怒るし、小さくなったらなったで「ちゃんとエッチしてくれてない」と言って不満がる。



 が、昨日は突然、タマタマを一つ口に含んで口の中で転がし始めた。
 竿を咥えるのは上手な妻だが、玉を含むのはあまり巧くはない。あんまり勢いよく口の中でレロレロされると、本気で痛い!!。
 でもそれを言うと機嫌が悪くなるので、男は黙って我慢の子。



 しばらくして、玉を口から解放した妻が一言。







「もう六月だわねえ。ここもシワがなく伸びてるわっ!」



 そうなんです。冬の間はシワシワで縮こまってるから、玉を口に含むことができないらしい。また夏になると、さすがの妻でも、タマタマを顔の上に乗せられると、暑苦しくてうっとうしいみたい。

 だから、玉を口に含むのは毎年この季節だけ。どうりで下手くそなはずだ。



 でも、デリカシーのない妻だと思っていたけど、夫婦生活のなかで、季節の移ろいを感じるなんぞ、ちょっと見直したなあ。

 一年を24の季節に分けて、それぞれに名前を付けたら、きっとおもしろいだろう。


 さしずめ6月前半は、「玉含」に決定です。

 みなさん、ほかに何か良い案はないですか。ここでこっそりと募集します。
posted by SUGIO at 18:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
応援、お願いします。 にほんブログ村 家族ブログ 夫婦生活(性生活)へ にほんブログ村

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。