2010年06月05日

シワやシミなど

知らぬ間に
 シワやシミなど
  できた手の
 甲に我が精
  そっと塗り込み

 よく妻は フェラの時「ピュピュッ!ピュピュッ!」と言いながら、自分の顔の前で私をしごくことがある。

 顔を上下左右に振りながらしごくときは、妻自身、顔射をイメージして興奮を高めるための単なる妄想。
 そうではなく、顔をじっとしたまま舌を出したり口を大きく開けたりしながらしごくときは、「あなたっ!今日はお顔で終わるのよ!!」の合図。
 この二つのパターンを見極めるのは結構難しい。結婚20年にしてやっと近頃間違えないようになった。

 昨日は、仰向けに寝た私の腰元で四つん這いの姿勢でフェラをしていた妻。
 そのままの姿勢で妻が、「ピュピュッ!ピュピュッ!」と言い始めた。

 「うーん!今日はあんまり元気がないから上向いたままでは、そんなに飛ばないかもしれないなあ」なんて思ってる私にお構いなく、妻は私の先から少し離れたところで大きく口を開けたり舌を出したり。

 私も覚悟を決めて、妻のしごきに合わせて顔射を試みる。最初の2回の放出は、無事妻の顔まで届いたのでホッとしたのもつかの間、その後は、私を握った妻の指元ににじみ出る程度。それが握った手の甲まで伝っている。

 私は思わず恥ずかしくなって、こぼれ落ちそうな精を妻の手の甲の上から両手で押さえる。
 妻もびっくりして、
「どうしたの?あなた」
「うっ、うん。シミとかシワに僕の精液が効くかもしれないから、くるんで上げてるんだよ(汗)」

「それはいいけど、枕元のティッシュ、切れてるのにぃ。ドレッサーの所まで誰が取りに行くのよぉ。
あなたっ!精液をこぼさないようにして取ってきてね!!」

 ちょっとシーツの上にこぼしたけど、どうにかティッシュを取っていた私。手に付いた精をふき取る二人。

「あなたっ!」と突然、妻。

ティッシュをたくさん使ったので、怒られるのかとビクッとする私。

「写真、撮っておいてよ。ここんところのシワと、ここのシミ。どうなるか確かめてみるから」

 精液でしみ取りができるなんて思ってないだろうけど、そろそろお肌の曲がり角らしい妻(私からみればとっくに最終コーナーに突入してるような気がしますが、、、。)にすれば結構気になる問題かも。

 そう言えば、先日、友達がレーザーでしみ取りした話しを延々と聞かされたっけ。
精液でしみ取りなんて、絶対できっこないだろうから、精液での使用前使用後の変化のない写真を突きつけられると、たぶん次は、レーザーか。
 なんかえらく高いモノにつきそうな予感がする。
posted by SUGIO at 21:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
応援、お願いします。 にほんブログ村 家族ブログ 夫婦生活(性生活)へ にほんブログ村

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。