2010年12月23日

活き壺に

マングリに
 返した妻の 
  活き壺に
   活け花を挿す
  芸術の冬

 秋頃から妻にお願いしていたことが昨晩やっとできました。

 先日のボーナスを片手に、街で買い物をしてきた妻。やけに機嫌が良い。やっぱり人間、現金なものですねえ。
ということで、ダメもとではあるけど、妻にお願いをしてみた。

 すると、あっさり 「いいわよっ!綺麗に撮ってね」

 やったあ!!!という感じである。

 何をお願いしたかというと、妻の秘壺に活け花を挿してそれを写真に納めるということ。
 かなり前からの私の密かな願いだったのですが、まさか、活け花の茎をそのまま妻に挿す訳にもいかずどうしようかと考えていたところ、2ヶ月ほど前に、試験管の形をしたアルミの筒が手に入ったので、それを妻に入れてその中に花を挿すことを考えたのです。

 それ以来、何度か妻にお願いしてたんだけど、ことごとく却下されてたのですが、それが昨晩やっとの事で実現したのです。

 ますはたっぷりとクンニをする。
 秘壺から粘性のある液が溢れ、小陰唇も厚みを増しボッテリとして両側に開いてくる。クリトリスも皮が剥けて中の真珠の玉が濡れて光っている。中の穴も開いたり閉じたりうごめいていて、そのたびに白い泡を含んだ汁がわき出ている。
 その魅力につられて手を出したりしたら、とたんに掴まって肉ごと溶かされてしまいそう。

 わざわざ花を挿さなくても、それ自身、食肉花(こちらに記事を書いてます)のよう。
 
 マングリに返した後、そんな秘壺に例のアルミの筒を入れその中に花を挿す。
 食肉花が、肉に飽きたらず本物の花を食べているよう。

 本当に美しくも卑猥で危険な眺めで、とてもこの世のものとは思えないくらい。
 感動しまくりでした。


 妻には、もし私が先に死んだときには、いくつかの写真(例えばこちら)を棺桶に入れて欲しいということをお願いしてるのですが、昨晩の写真もそれに加えてもらうよう頼むことにしようと思います。


いいかもって思っていただければ
こちらをポチッとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦生活(性生活)へ
にほんブログ村
posted by SUGIO at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

クリ剥く妻に

乳摘み
クリ剥く妻に
マラ刺して
一人エッチの
お手伝いかな


 妻は所謂正常位の体位の時に、私がペニスでピストン運動している最中に、自分でクリトリスを剥いたり、乳首をつまんだりする癖があります。
 これは、何も私のペニスに不満があるというわけではないのです。(と少なくとも私は思ってるのですが、、、(汗))

 以前、たまたま私が妻に
「自分で入ってるところを触ってごらん」と言って、妻に私のペニスの根本やそれに絡みつく妻の小陰唇を触らせていたところ、ふとした拍子にクリトリスに触ったとたん、妻のバギナが強烈に収縮し、思わず私もちぎれるのでは?と思ったほど。

 それを妻に話したところ、妻も面白がって、正常位の時には、いつもクリを触ったり乳首をつまんだりする様になったんです。
 強烈に締まるのでタイミングによっては押し込もうとするペニスの邪魔になって折れそうになったりすることもあるんだけど、とにかく気持ちがいい。
 そんな私の様子を見てますます妻も激しくクリと乳首を自分で攻撃するので、妻自身もすぐに絶頂に近づいてくる。

 この体勢で妻が絶頂に近づくと、必ず舌を大きく付きだして「あーん。あーん」と言い始める。
 ふだんなら舌を突き出すのは、舌射をせがむ合図なんだけど、このときばかりはそうではないらしい。
 私が
「舌に出して欲しいの?」と聞くと、
 妻は、
   「違う。おま○こにちょうだい」と言う。

「舌には要らないの?」
   「舌にも出してぇ」

「両方には出せないよ」
   「ダメぇ!両方に欲しいの!」
   「お顔にも一杯かけて!」


 そんなベタなやりとりをしながら二人で、結局おま○この中で逝くのだけど、いつも終わった後、
「これは単なる妻の一人エッチの妄想に私が付き合わされているだけじゃないのかなあ。私のペニスをバイブ代わりに利用されてるんじゃないのかなあ。」
などと思ってしまいます。

 まあ、妻が喜んでくれてるし私も気持ちがいいので問題はないのですが、やっぱりなんか利用されてるようでちょっと引っかかってる私です。



いいかなって思っていただければ
こちらをポチッとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦生活(性生活)へ
にほんブログ村
posted by SUGIO at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

バイブ挿す

バイブ挿す
 その挿し方
  一つにも
 夫婦の歴史の
  積み重ねかな

 昨夜はバイブを使ってのオモチャ遊び。
 久しぶりだったし、今日は子供の用事もなく朝寝出来ることもあって、結構盛り上がりました。

 何本かあるバイブのうちお気に入りは、新婚時代に買った黒い熊ん子。コーティングも禿げてモーターも壊れているけど、やっぱり入れ慣れてる方が私も妻も安心して出来る。
 またパステル調の淡い色ものもより、泡だった愛液や白くねっとりとした本気汁の様子が判るので、卑猥さが増すし、妻の感じ方を把握しやすいというメリットもある。

 妻は、長男出産時の会陰縫合の痕が未だに痛いことがあって、バイブも膣の入り口付近を後ろ側に倒すと痛がる。
 電池内蔵式のパール色のバイブもあるのですが、私もつい夢中になると手が下がってしまい、膣の入り口後ろ壁を必要以上に刺激して妻にいやがられることが多い。
 その面でも電池ケースの別になった熊ん子がいいんです。

 また、妻はGスポットが結構逝きポイントなので、バイブをピストンするとき入り口から奥まで、膣の前壁を刺激するようにしてあげると、会陰縫合痕の痛みもなく、何度も逝くことが出来る。
 これを私のモノでやろうとすると、結構勃起角度や硬さが必要だし、膣の後壁に当たらないので私自身の裏筋側の刺激がいまいちなところもあって、そう言う意味でもバイブを使用する意味も大きい。

 
 ところで皆さん。バイブで奥さんを逝かせられることができますか?女性の読者の方は、旦那さんのバイブ遊びで逝くことが出来ますか?
 
 妻も、私が冷静にバイブを挿しているなかで一人逝くのは最初は抵抗があったようで、バイブをピストンしているときは妻に私のモノを握らせたり、フェラをさせたり、とにかく私も興奮していることを身体や卑猥な言葉を掛けることで妻に伝えるようにしました。
 それによって、妻も一人で逝くのではないという感覚をえて安心して逝くことが出来るんです。
 時には妻が逝きそうになったときには、直前に顔に掛けたり、手の中に発射したりして見せることで、さらに妻の安心感がアップするのです。
 (タイミングを間違えて妻が逝く瞬間に口射して、ゲホゲホとなって大変だったこともありますが)

 また、男の私としては、本当は四つん這いになってお尻を大きく付きだしてバイブで逝って欲しいんだけど、妻の場合はなかなかそうはいかない。
 上向きに寝て、足もあまり大きな角度では開かないし、逝くときは膝と足首をピンと伸ばして足の指を大きく反らして特に小指と親指が大きく開くと、逝き方も深かったことがわかる。また、身体も反らすのではなく、おなかを丸めて足もシッカリと閉じて逝く。
 
 そんな逝き方だから、逝く瞬間にはAVの様な色気や卑猥さはないけど、私の操るバイブで逝ってくれる妻が愛おしいと思える瞬間です。

 現実の夫婦間のエッチは、AVの様な派手さはないけど、バイブにしかできない逝き方もあって、奥が深いなあとつくづくと思う。


応援、お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦生活(性生活)へ
にほんブログ村
posted by SUGIO at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

飲ませるくせに

「私には
 飲ませるくせに
  飲めないの」
 そんな川柳に
  妻がニンマリ

 口射精飲を習慣にされているカップルの方も、結構おられるのではないかと思いますが、男性がご自分の精を口にする機会はあまりないのではないでしょうか。
 かく言う私もほとんどその経験はありませんでした。

 妻は精飲後、必ず私にキスをしてくるのですが、その時多少は唇に精が付いていることもあったかもしれないし、ある時一度だけ(
こちらの記事)わざと全部飲み込まずに少し口に残しておいて、それをキスしたときに舌で私の口の中に入れられたことがあります。
 なんと表現したらよいか。味とか匂いとかではなく、とにかくオスそのものの雰囲気とでも言うのか、そのような感触が口一杯に広がってびっくり。
 「ああ、妻はこういうモノを口で受けて、飲み干してくれてるのか」と思いちょっと感激したことを覚えています。


 話しはそれましたが、先日、夜妻とドライブしていてふとラジオから流れてきた大人の川柳の番組。その中で冒頭の一句。
「私には 飲ませるくせに 飲めないの」
 たぶん精飲の習慣のない方は、酒のことだろうと思ってると思うのだけど、私たちにはすぐにピンときた。

 妻は、
「あなたと一緒ね」と言うので、私が、

「前にちょっと舌で入れられてのをちゃんと飲んだだろ」

「あんなの飲んだうちに入らないわよ。私なんか20年も飲み続けてるのよ。感謝しなさい」

 何も、頼んで飲んでもらってるわけではないんだけど、、、。そのあとの話しの流れで、ついに私も飲まされることを約束させられてしまいました。


 そんなわけで昨晩、生理初日の妻。妻はつきあい始めてから必ずと言っていいほど、生理初日は口射精飲をする。前の日にエッチしていてもそれは関係なし。習慣というのは不思議なものですね。

 私が妻のフェラに耐えかねず口に発射したあと、全部飲み干さずに少し残して私に口移し。
 前回と同じく、一瞬にして口の中が私のオスで満たされる。一大決心してそれを思いっ切り飲んでしまいました。

 顔をしかめている私をみて、妻は満足顔。絶対にSだと思う。

 後で、口に出るときの感触を妻に聞くと、私が感じている「オスが広がる」と言うのではなくて、「ピクンとなってその後口中が暖かくなる」という感じらしい。

 私も妻にオマ○コに挿入していて、濡れすぎて困るときはよく途中で抜いては本気汁を口ですすり取ることがあるが、「メスが広がる」なんて言う感触はない。
 今度はそれを妻に口移ししてみよう。
妻は、「メスが広がる」なんて感触を覚えるのだろうか。ちょっと興味津々です。




応援、お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦生活(性生活)へ
にほんブログ村
posted by SUGIO at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
応援、お願いします。 にほんブログ村 家族ブログ 夫婦生活(性生活)へ にほんブログ村

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。