2009年03月14日

酔った夜に

 木曜、金曜と自宅近くの事業所に出張。でも今日の土曜は単身赴任先に戻っての接待ゴルフ。
 朝は半分雪のような雨は降ってるし、その後も寒かって疲れたー。2時間ほど掛けて自宅まで帰ろうかと思ったけど、元気がないので今日は一人、単身アパートに戻りました。
 単身生活は何かと不便。今も晩飯をどうしようかなどと思いながら久しぶりにPCの前。


 妻との夜の生活においても何かと不便、というか自宅に帰るのが月2回程度だから、やるときは新鮮で濃密な時間が過ごせるんだけど、やっぱり寂しいときも多い。


 一番困るのは、こちらの記事にも書いてるけど、気分が落ち込んだときの気付け薬「顔面騎乗位」。
 これがないと本当に復活できない。妻もそれはよく知ってくれてて、SOSを出すと平日でも夜、子供の晩ご飯を作ってから高速を飛ばしてアパートまで来てしてくれる。
 これには、妻に頭があがらない。もっとも、妻の大きいお尻で座られてるので顔を上げようにも上げられませんが、、、。


 もう一つが、こちらの記事。朝、会社に行きたくないときの儀式。玄関先での30秒フェラ。これも男の悲しいサガからか、結構元気になるんです。


 さらに単身生活を初めてから、やってもらってないもう一つの事に気が付いたんです。 

 木曜日の夜、久しぶりに他の事業所の連中との情報交換。というか単なる飲み会とも言いますが、、、。

 若い頃からの癖か、呑むとやたらとあっちが元気になる。それだけならいいんだけど、いつまで経っても終われなくなるんです。
 普段なら3分も持たない時がある妻の本気フェラ。それをしたもらっても30分以上もかかることがあって顎がだるくなるし、オマンコですると最後にはヒリヒリするし、かといって手でしてもらっても腱鞘炎になると言って、酔ってするのは妻に結構不評。

 そんな時、以前こちらの記事にも書いたことがあるけど、、酔ってフェラをしてもらってる間につい眠っちゃったことがあったんだけど、妻には、顎がだるくなる前に途中でフェラをやめれたので、逆に好評だったんです。

 そんなことがあってから、酔った夜にやりたくなると、妻は、
「咥えててあげるから、おとなしく寝なさいっ!」と言って
私の太鼓腹を叩きながらおしゃぶりしてくれる事がよくあったんです。

 単身生活を始めてから、そんな機会もなかったので忘れてたけど、木曜の夜、呑んで帰って、久しぶりに、咥えてもらったまま眠りました。

 若い頃だったら、欲求ギンギンで我慢できなかったかもしれないけど、今ではそれはそれで、暖かいお風呂の中で眠りにつく感じがして、結構幸せな気分です。




酔った夜に
 しゃぶられ寝入る贅沢を
  できぬ哀しき 単身生活

posted by SUGIO at 18:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも忙しい単身赴任生活ご苦労様です
今回もアルアルネタというか
微妙に違いますが…まだ若い頃、前妻との事ですが
アソコもあきれるほど元気でひとりイキそびれたとき
してもらって寝てました。

今の妻とは自分だけ長すぎるって事もなく
濃厚な行為が出来るのでそれはなし。
先にしてもらうと、そのまま寝るからと
後回しです(^^ゞ
Posted by おーまさ at 2009年03月14日 20:41
初コメです。
良いブログなんでまたみにきますね!!
更新楽しみにしてます。
僕のブログお恥ずかしい内容ですので
あまり見ないほうが・・・
また覗きにきますね♪
Posted by 鉄人 at 2009年03月14日 21:12
おーまささん、コメントありがとうございます。

ちょっと違うかもしれないですが、おーまささんも同じような経験がおありなんですねえ。

私も初めて、されながら寝てしまった時は、夜中に飛び起きて「やっ、やばい!」と思ったけ
ど、妻は隣で健やかに眠ってました(笑)
Posted by SUGIO at 2009年03月18日 23:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115645408

この記事へのトラックバック
応援、お願いします。 にほんブログ村 家族ブログ 夫婦生活(性生活)へ にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。