2009年09月06日

不思議なる

我喰むる
 君従順の
  不思議なる
 さっきの勝ち気
  いずくにか 行かん

 9月になったけどみなさん夏休みはもう取られましたか?
 私のところは、商売柄皆が一斉に夏期休暇という訳にはいかず、ましてや立場上自分の休暇は後回しになっちゃてやっと9月になって取れたという感じです。

 でも急に休みが決まったため、妻は友達を自宅に呼んでのホームパーティの予定が入っていて、どうやら私はおじゃま虫。
 自分の部屋で読書をしたり、愛車を弄ったりしながらも時折妻の友人の相手をする。が、それを妻はどうも気に入らない。すぐにあっちへ行かそうとする。

 まあコレも私がもてるからだろう。自分で言うと自慢になるが、私は飲み屋のお姉さまや妻の友人、はたまたおばあさま方にも案外もてるのである。少なくとも自分ではそう思うことにしている幸せなわたしである。



 が、妻の友人たちが帰った後、機嫌悪そうな妻が一言。





 「友達の前で、私に敬語を使うの、やめてよね!!何か鬼嫁みたいに言われたワ!!!!」




 どうやら自分では気づいてないが、いつも妻に文句ばかり言われている私。知らぬ間に妻に対して、ていねい語、というか尊敬語というか、とにかく少しでも怒られないように下手で話しているらしい。



 だから友達の前で敬語を使っていたとすればそれは、



「お前のせいじゃああ!」

なんて言いたい所だけど、そんなことを言うとますます怒られるのは目に見えている。
ここは一つ、
男はがまん。である。


 でもその夜、無事月のお客様がきた妻のリクエストで、顔射。

 その後も、私の精をあごのあたりに付けたまま、少し柔らかくなった私のモノを吸っている。
 
 妻は、逝かさなきゃって思わなくてすむし、ちょっと小さくなっていてあごが疲れないとか、少し柔らかくなってるので歯が当たってもパンと皮がはじけて傷が広がらないから安心しておしゃぶりできるとか、なんだかんだと言って、放出後のモノの方が、安心しておしゃぶりできるそうな。

 私の方は、くすぐったいし、やっぱり柔らかくなっても歯があたると痛いし、肉体的にはうれしくはないが、やっぱり精神的にはうれしいものである。


 でもどうしてこんな妻が、昼間はあんなに勝ち気何だろう。
 妻にしてみればたぶん
「自分ほど従順な奥さんは日本中探してもいないわよ」
って言いたいに違いないが、とにかく女性という生き物は不思議な存在である。


posted by SUGIO at 12:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわんこ〜(^0^)/
なんだかんだと素敵な奥様ですね!
昼と夜の顔があって、そのギャップがいいです。
Posted by おかん at 2009年09月17日 11:59
おかんさん、こんにちは。

>昼と夜の顔があって、そのギャップがいいです。

 普段は妻は夜も勝ち気な時が多いので、こんな風に
しとやかになることは少ないんだけど、、、、。

 まあ、これ以上求めるのは贅沢かなって諦めてます。
Posted by SUGIO at 2009年09月23日 17:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
応援、お願いします。 にほんブログ村 家族ブログ 夫婦生活(性生活)へ にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。