2009年09月23日

妻 座らせて

チクチクと
 顔に突き立つ
  伸び始め
 夏の終わりに
  妻 座らせて

 以前こちらの記事で紹介したことがあるけど、我が家では、妻のマン毛を剃るのが夏の初めの風物詩。

 いつもなら、浴槽の縁にまたがった妻を下から見上げながらバギナの周りを剃ることにしている。この格好だと自然に深剃りができるのが都合がいい。
 また妻は伸びるのが遅いので、伸び始めた頃には毛先が丸まっていて、チクチクすることがないのも、まことに便利である。
 もちろん、妻の開ききったあそこを下から見上げられるのも、なかなかおつなものである。
 
 が、今回は、リビングでフロの空くのを息子が待っているので、二人であまり長い時間入っていられなくって、仕方なく、寝室に洗面器や石鹸、オイルを持ち込んで剃り毛をした。
 でもどんな格好をしても、風呂場で浴槽の縁をM字でまたがったのを剃るようには巧く剃れない。
 最後は、マングリ返しの格好までして、どうにか剃るには剃れた。

 剃り具合の確認は指ではなく、妻のバギナの泉に私の鼻の頭を浸して、それで剃り跡を撫でてみるのだけど、ところどころにそり残しがあって、鼻の頭をチクチクと刺す。
 どうにかそり残しを剃り終えたあと、念のために舌でなぞって見るのだけど、やはりあまり深剃りができていないのか、舌先に引っかかる感触が残っている。

 でも、このマン毛剃りの目的は、妻の小陰唇に巻き込んで毛切れすること防止だから、少々のことはまあいいだろうと、妥協した。
 

 
 けど、やっぱり妥協したのは失敗だった。

 昨晩、久しぶりに妻を座らせての顔面騎乗位。
 今までの剃り方なら、毛が伸び始める頃には、下着などで擦れて自然に毛先が丸まっているので顔に突き刺さることはないけど、今回は深剃りできてないせいか、とにかくチクチクと顔に突き刺さって、痛いしくすぐったいしで、さんざんでした。

 普段は秋にはあまり剃り毛はしないんだけど、やっぱりもう一度キチンと剃っておこうかなあ。
posted by SUGIO at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
応援、お願いします。 にほんブログ村 家族ブログ 夫婦生活(性生活)へ にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。