2009年09月30日

夜具に咲く

菊の花
 甘露に濡れて
  夜具に咲く
 私の密かな
  自慢なるかな

 好奇心豊かにエッチを追求している理系夫婦の私たち。
 そんな私たちでも、ものにできずにいるものが一つある。それはアナルセックス。

 ずいぶん前に一度だけ試したことがあるのだけど、なかなかうまくいかず、最後には後ろの穴にいれたまま、身動きとれず、かといって後ろに入れたものを今更、前や上の口に入れるわけにもいかず、万事休す。
 最後は亀頭部分だけを後ろに入れたまま、竿の部分を私が自分でしごいて逝ったことを思い出します。

 その後も何回か、やって見ようかということになったものの、浣腸したり指でほぐしたりと、何かと事前の準備が面倒くさいこともあって、やらずじまい。だからアナルの経験は後にも先にもその一回だけとなってしまってる私たち。

 どうやら私たちのDNAには、排泄器と生殖器を兼用している鳥類の遺伝子は組み込まれていないようだ。

 でも、私がアナルセックスに躊躇する一番の理由は別にあるんです。

 よくAVなどでそのシーンがあるのだけど、出演している女優さんのアナルはなぜか決まって痔持ちであったり、そうでなくてもアナルの菊の紋様が崩れてしまってる人がい多い。

 妻のアナルは、綺麗に菊の花びらが同心円上に並んでいる。

 妻のアナルは私の密かな自慢なんです。
 (一カ所だけ、四つん這いにしたときに右下の方向の花びらが2枚重なったように見えるところはあるけど、、、。)

 だから、アナルセックスを楽しもうとすると、その美しい菊の花びらが崩れてしまうのでは?と思ってしまい、やっぱり踏み切れない。



 PS:ちかごろ妻にある変化が。

 以前は、クンニの時、偶然に私の口や鼻がアナルに触れるといやがってた妻。
 でも近頃、クンニの時、鼻の頭をバギナに入れようとすると必然的に唇はアナルに触れたり、またシックスナインでバギナを吸う時鼻の頭がアナルを押さえつけるようになることがよくあるんですが、そのとき妻は、


「後ろも何かしてくれるのお〜〜」などと


 ちょっぴり何かサプライズを期待してるような言葉が出てくる。


 何の心境の変化かなあと思っていたんですが、最近江戸時代の性風俗の本を読んでて気になる記事を見つけたんです。

 避妊技術の発達していない江戸時代。夫婦が子供をたくさん産んで、もう打ち止め!となったあと、奥さんは旦那が欲求不満にならないように、しきりに囲碁や将棋を勧めたり、それでもどうしてもというときには、指で抜いたり、アナルでしたりしてたそうなんです。

 江戸時代でいえば、打ち止めの年齢の私たち。江戸時代にDNAに刻まれた情報が今、妻の中で覚醒しているのかもしれない。

 江戸時代に刻まれた遺伝子の指令に従うのか、はたまた、妻の美しい菊の紋様を守り抜くのか。悩みはつきない。
posted by SUGIO at 21:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
書き込みがエラーになりました^^;
なんでかなぁ〜
長文だったのに。。。。しくしく
Posted by おかん at 2009年10月01日 12:54
おかんさん、ご迷惑かけます。
なんか調子悪い感じなのかなあ。
私の書き込みも最初うまくアップできなかったし、、、

これに懲りずにまた遊びにきてくださーい。
Posted by SUGIO at 2009年10月01日 23:14
スパムと判断されましたって出てエラーになりました。
なんでなのかなぁ〜
いっぱい遊びにきますねぇ〜(^0^)/
Posted by おかん at 2009年10月03日 13:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129191477

この記事へのトラックバック
応援、お願いします。 にほんブログ村 家族ブログ 夫婦生活(性生活)へ にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。