2009年11月07日

一匹の

妻でなく
 女でもなく 一匹の
   ケモノに還りて
 汁を垂らさん

 普段の妻。外に出かけたり友人たちといるときは、顔射や口射はもちろんフェラだって、「わたくし、そんな下品なこと致しませんのよ」的オーラが出ていることが多い。

 家の中で二人でいるときなどは結構ズバリの言葉を使ってエッチな会話もしてるし、根は私と同じくらいスケベェなんだろうとも思うんだけど。。。

 人によってはそのギャップがいいと言う方もいると思うが、私は普段あまりにも性的なものを出せない妻がかわいそうに思う。
 儒教的な性への心理的抑圧や女性としての恥じらいなどが妻にそのようなバリアを張らせているのかもしれないが、そのバリアを取り除くのが私の役目だと思っている。


 大げさに書いたけど、そのバリアを解くの案外簡単。基本中の基本、フェラとクンニだけでいいんです。


 上向きに寝た私の上で四つん這いになってシックスナインの形でフェラをする妻。
 最初は左右の小陰唇は乾いたままピッタリと閉じて左側の大陰唇にくっついている。もちろんクリトリスも小さくどこにあるのか判らないほど。

 そのうち小陰唇が充血したように厚みが増し、左右の扉も少し開いてくる。その間に、妻の愛液か、キラリと光るものが見える。


 体勢はシックスナインだけど、その間私は一切クンニはせず、妻のフェラに身をまかすだけ。
 でも時折、妻の左右のお尻の肉をつまんで、広げたり窄めたりすると、バギナの入り口に溜まっている愛液が三角に腫れたクリトリスの包皮を伝って、私の顔の上に垂れてくる。
 よく見ると、左側の内股にも垂れた跡がある。


 妻のクリトリスは仮性包茎。包皮を剥いてあげないと真珠の玉が出てこない。ちょっと意地悪して、クリトリスを触らないよう下腹部の陰毛の当たりを上につまんで、被さっていた包皮を剥いてあげる。
 ここまで来ると妻としては当然、クリトリスを触ったり、クンニをしてくれるものだと思ってるので、それをしないでいると、ついに我慢できずに、私の顔の上に座ってくる。


 その後、腰を前後に動かして、クリトリスが私の口に、バギナが私の鼻の頭のところに合うようにする。
 そして次に、私の鼻の頭を左右の小陰唇で挟み込めるように、腰を左右に振って完全に座り込む。



 それが、妻が性への抑圧から解放されてケモノに還った瞬間でもある。



 鼻も口も押さえられた私。息ができないほどであるが、鼻から息を吸おうとすると愛液が入ってきてのどの奥を通るのが判る。

 今度は、口から息を吐こうとすると、クリトリスで刺激されるのか、バギナの入り口がうごめいて私の鼻の頭をくすぐりバギナの中に引っ張り込もうとする。

 反対に口から息を吸うと、クリトリスを吸陰することになって、今度は私の目の前3センチほどにあるアナルの花びらがすぼんだり開いたりするのが見える。



 そんな苦しい思いをしながらも、私としては、妻を抑圧から解き放すことのできた喜びと、一匹のケモノに還すことができた達成感と征服感を感じることができる。


 こんな姿、誰が見たって、征服してるのが妻でされてるのが私にしか見えない。

 けど、そんな中で征服感を味わうことのできる私って、ひょっとして相当なMかもしれないなあとも思う。
posted by SUGIO at 16:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわんこ〜
顔の上にまたぐ行為ってなかなかできません。
だぁりんがやってって言うけど、恥ずかしくて…
恥ずかしいって、もう16年も一緒にいるのに…^^;
でも、やっぱり恥ずかしいことは恥ずかしいんですよね。
Posted by おかん at 2009年11月09日 14:15
おかんさん、こんにちはー。

>やっぱり恥ずかしいことは恥ずかしいんですよね。

そりゃあ、そうですよねえ。
でもその恥ずかしさを超越する何かを女性に与えることが
男性に課せられた使命だと思ってます。
がんばれー、だーりんさん。
Posted by SUGIO at 2009年11月11日 23:53
あぁ〜〜おかんがあんなこと言ってる^^
いろんな事してても恥ずかしいのツボみたいなのは
人によって違うんでしょうね^^;

かみさんのアソコをじっと見てると自分の方が
我慢できなくて舐めてますね(^^ゞ
ホントに感じてる顔って解放されてるようで
自分にしか見せてくれない顔、その顔が見たくって
がんばって。。。

うちのかみさんは私が言うと跨ったりもしますが
自分からってのはまずないですね。
たま〜に積極的に攻めてくる事はありますが(*^^)v
Posted by おーまさ at 2009年11月12日 13:41
おーまささん、コンニチハ。

そうなんですよね。
妻のアソコを目の前にして、触りもせず舐めもせずっていうのは、ほんと苦しいです。

でもそれを我慢して、私のをくわえてしゃぶるだけで、だんだん開いて濡れてくる妻を見るのは、男として最高の喜びです。
Posted by SUGIO at 2009年11月13日 07:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
応援、お願いします。 にほんブログ村 家族ブログ 夫婦生活(性生活)へ にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。