2009年12月05日

宙を彷徨う

我求め 
 宙を彷徨う
   君の手に
 そっと握らす
  暖かさかな

 ずいぶんと放ったらかしにしてしまったこのブログ。書きたいことは一杯溜まってるのだけど、、、、。

 今週は自宅のある事業所に出張。久しぶりに平日の夜のエッチ。
 と言っても、やり方はいつもと同じくワンパターン。
 クンニしてフェラして、クンニしてフェラして、またまたクンニしてフェラして、そのうち妻が指とかオモチャで先に行ってしまえば、そのまま顔射か口射。そうでなければ挿入して二人で逝っておしまい。

 こう書いてしまうと、私たちの夫婦生活のほとんどはフェラとクンニ。
 妻もキスよりも胸よりも先にクンニを要求してくる。
 私も気が向けば20分でも30分でもクンニを続けるのだけど、そうするとそのうち妻の手が宙を彷徨って、グーパー、グーパーとじゃんけんのような仕草を始める。

 「どうしたの?」と私。

 「チ○ポちょうだい」

 「握るだけだよ。しごいたらダメだよ。」
と少し意地悪なわたし、そう言いながら、妻の足下から枕元の横に移動し、妻に握らせる。その瞬間、妻はホッとした表情を見せる。

 「どう?落ち着いた?」

 「うん。ねえ今度はオモチャで、、、、してぇっ!」

 オモチャでしばらく遊んでると今度は、

 「ねえ、ちょっとおしゃぶりさせて」と妻。

 「ダメ。咥えるのはいいけど、シュパシュパしたらダメだよ」と言いながら、妻の口に含ます。

 「安心した?」

 「うん。」

 そうしながらも、オモチャ出し入れしながら遊んでると、妻も辛抱たまらず、私を指でしごきながら、舌をはわせたり、唇ですったり。

 夫婦生活を20年も続けてると、このまま口射してもらいたいのか、次はオマ○コに入れてもらいたいと思ってるのかは、妻のフェラに仕方を見てるとすぐに判る。

 どうやら今日はこのまま口射せよとのことみたいだ。
 ということは、オモチャを使って妻を逝かせないといけない。

 妻の枕元に座って私のものを口に含ませたまま、片手でオモチャを出し入れしもう片方の手で胸や脇腹をさすりながら、口をバギナのところに持っていき、オモチャの根本に付いている白い本気汁をすすって、それを舌でクリにまぶしながら、愛撫する。

 こうやって文章に書いてるだけで、脇腹がつってきそうな、無理な体勢。そのうえ、そんな格好のまま、妻が逝くのと同時に私も逝かないと、なぜか妻の機嫌が悪くなるので、タイミングもすこぶる難しい。




 どうしてこんなワガママな妻の相手をしてるんだろ。
 我ながら不思議である。

 
 
posted by SUGIO at 12:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
行為そのものや言ってる言葉は違っても
気持ちはたぶん似たようなもんだと思います

私も時々脇腹攣りそうな事してるし^_^;
Posted by おーまさ at 2009年12月07日 12:51
おおまささんお久しぶりです。

ことエッチに関しては男の方がまじめで真剣ですね。

こっちは脇腹がつりそうになっても頑張ってるのに、
妻はちょっと変わった対位で足がつりそうになると、こっちが逝きそうになってても
「あなたっ、ちょっちょっちょっと抜いて!足がつりそう」なんて平気で言うし、、、


一瞬にして萎え萎えです。
Posted by SUGIO at 2009年12月08日 12:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134760786

この記事へのトラックバック
応援、お願いします。 にほんブログ村 家族ブログ 夫婦生活(性生活)へ にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。