2010年01月03日

伝い落つ

我求め
 突き出す舌を
  伝い落つ
 真白き精の
  喉に溜まりて

 明けましておめでとうございます。今年も夫婦の夜のアレヤコレヤを綴っていきたいと思います。

 ところで、実は今年の正月は散々でた。と言うのも仕事のトラブルが長引き、単身赴任先から自宅に帰ったのは、元旦の夕方。12月もほとんど帰れてなかったので、暮れと正月が一緒に来たみたいで、おせちを食べては大掃除をしてました。

 初エッチも元旦の夜にしたかったんだけど、妻が姫初めは1月2日にするものよ!って言って聞かなかったため、一日おあずけ。
 待ちに待った2日の夜。あろう事か妻が女の子週間に突入。さすがの妻も悪いと思ったのか、「お口でしてあげるから我慢してね!」と言ってきた。

 奥さんがお口で抜いてくれてその上精飲してくれるのだから、それで十分いいじゃないとおもわれるかもしれないけど、うちの口射は本当に色気がない。
 布団にもぐってフェラをしてそのまま射精、精飲。妻が枕元まであがってきたときには、さも何事もなかったかのように世間話を始める始末。夫婦のエッチなんてそんなものと言えばそんなものかもしれないが、やっぱりもう少し色気が欲しい。

 そこでせめて、仁王立ちフェラからそのまま舌射をしたくなって、
「舌の上に出してあげたい!」と私。

「いいわよ、でも座ってすると寒いから布団の中で横になってるから、あなたがどうにかしてね。」

 うーん、どうやって寝てる妻の舌に巧く出せるだろうか。

 結局、寝ている妻の頭の上側に私が座って、タマタマを妻の額に乗せて、裏スジを妻の鼻筋に沿わせて、付きだした舌に向かって発射。

 長い間してなかったし、昨日のおあずけが効いたのか、真っ白く濃いのがかなりの量でてきた。それも他に飛び散らずに巧く舌に出せて、それが舌を伝って、妻ののどの奥に溜まっていくのがよく見える。

 妻もたまらず、
「ぼーごんでぼう゛ぃーう゛ぃ?(もう飲んでもいーい!)」とのどの奥で精を泡立てながら言う。

「まだ、出そうだからもう少し待って!」と私。本当は、のどの奥にたまった精をもう少し見ていたくて、ちょっぴり嘘。

「ぼーだべ!(もう、だめ!)」と妻が言った瞬間、のどの奥の精が一瞬盛りあがって、次の瞬間魔法のように消え去った。口を開けたまま精飲したのです。もーすごく感激。

 でも妻は、まだ出そうと言った私の言葉を疑ってる感じ。そこですかさず
「ちょっと咥えて!なんかピクピクしてまだ落ち着かないから。気持ちよすぎたのかなあ ?」
と言いながら妻に咥えてもらう。そして渾身の力を込めて、あそこをピクピクさせる。

「あっ、本当だ。まだピクピクしてるね。そんなに気持ちよかった?」
「うん、上手だったよ」
「あら、本当はもっと巧いんだけど、あなたがすぐに逝ってしまってかわいそうだから、コレでもちょっと手を抜いたのよ。私がその気になったら、あなた、3分持たないわよ!」

 うーん、やっぱり一言多い!!

 でも、精飲はもとより、顔射や口射もあまり好きでない奥さんも世の中にはいるだろう中、私のお馬鹿さんな男の性を理解し、精を正面から受け入れてくれる妻に本当は感謝しなければいけないのかもしれない。

posted by SUGIO at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/137297627

この記事へのトラックバック
応援、お願いします。 にほんブログ村 家族ブログ 夫婦生活(性生活)へ にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。