2010年01月10日

ジュラ紀の食肉花

マングリで
 左右の陰唇(はなびら)
  広げれば
   君は ジュラ紀の食肉花

 新年とともに始まった妻の女の子週間もやっと明け、晴れて新年の貫通式。
 今年も大いに世話になる妻のモノ。

 久しぶりだったこともあって、かれこれ30分も掛けて入念にクンニをする。
 最初はサラリとした透明の愛液、しばらくすると、少し舌を刺すような刺激のある本気汁、逝く寸前にはなま暖かくてちょっぴりしょっぱい潮がじんわりと私の口の周りに絡まってくる。
 やっぱりいいもんである。こうやってる、性的な興奮はピークに達するんだけど、心は本当に落ち着いてくる。

 そのあと、妻の膝をかかえての屈曲位で挿入今日は女の子週間が終わったところなので、生で入る。
 生理直後の妻の中はいつも、ちょっとヌメッとして私にからみつく感じ。この吸い付くような感触は残念ながら口射でも顔射でも味わえない。
 あまり急激に速いピストン運動を始めるのは、粘膜があれているので御法度。
 ゆっくりと前後に動かす。それに合わせて妻のヒダが私にからみつくのが判る。でも結構本気汁は出ていて、生で入った私のカリで掻き出されて、私の根本はすでに妻の汁で真っ白。

 それを見ていると、どうしても妻の本気汁を舐めたくなって、挿入を中断。
 そのままの体勢で妻の足を大き持ち上げてマングリの体勢でりクンニをする。舐めやすくするために、妻に自分で左右の陰唇を広げさせる。

 一度挿入したためか、普段よりボテッと充血して厚みを増した陰唇が大きく引っ張られてまん丸になっている。
 その前の端には蜜に包まれた陰核。後ろ端には先ほどまで私が入っていたバギナがポッカリと口を開けている。
 時折、内側の方から肉がせり上がってきて、泡を吹きながらギュッーと萎む。その周りは幾重にもヒダが巻いており、よく見るとエイリアンの口のよう。
 バギナが開いた瞬間、小指を入れてみる。ちょっとでもバギナの内壁に触ると、まるで小指を食べるようにして、締め付けてくる。

 今から1億5千万年前、温暖で湿潤な時代。は虫類が闊歩し、植物も大型化したジュラ紀。
 マングリで開いた妻の秘所は、さながらそのジュラ紀の食肉花のように卑猥で危険なにおいがする。
posted by SUGIO at 15:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわんこ〜
凄い観察ですね。
私は、だぁりんに撮影される時に見られるのは恥ずかしいけど大丈夫なんですが、レンズ越しだからかなぁ〜
まじまじと直接見られることに少し抵抗があります。
でも、だぁりんは見たい〜って言うんですが。。。。。
今度は、頑張って観察してもらおうかな。恥ずかしいけど。
Posted by おかん at 2010年01月11日 18:09
おかんさん、こんにちは!

>凄い観察ですね。
ありがとうございます。、もとが理系なもので、観察大好き人間ですから(笑)。

もう二十年も見続けてるけど、ヒダのここをめくればその内側にほくろがあるとか、お尻の穴のシワの数まで知ってるけど、それでもまだ新しい発見が毎回あります。

女性の神秘ですね。

おかんさんも、ぜひぜひだありんさんに観察させてあげてください。
Posted by SUGIO at 2010年01月12日 07:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/137906754

この記事へのトラックバック
応援、お願いします。 にほんブログ村 家族ブログ 夫婦生活(性生活)へ にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。