2010年02月21日

それともモモンガ?

陰唇(くちびる)を
 摘んで広げて
  できたるは
 コウモリ?ムササビ?
  それともモモンガ?


 ここのところ何かと忙しく、ブログを更新できていない。と言うか、落ち着いてパソコンの前に座る時間がない。
 そんなだから、当然このブログの趣旨である夫婦生活においても、エロエロと新しいことを試すこともままならない。

 まあそうはいっても、少ないながらもやることはやってるので、今日は至って普通の(?)夫婦の情景を。


 近頃私たち夫婦のちょっとしたマイブーム(複数形だからアウアブームか)。
 それは何かというと、終わった後とか挿入の途中で、妻のラビアを左右に引っ張って遊ぶことなんです。
 私が持って広げることもあるし、妻が自分で左右に引っ張ることもある。先月のこちらの記事(*)は妻が自分で広げて見せてくれたもの。今回は私が左右の唇を摘んで引っ張ってみた。


 妻は元々小陰唇が薄く小さめだったので、若い頃は私が唇に含んで吸ってみたり、指で摘んで引っ張ってみたり、とにかく大きくなるように色々と試してました。妻も、そんな私に刺激されてか、男の人からみたら大きめの小陰唇の方が魅力的なんだと思うようになり、自分一人の時も風呂場などで延ばしたりしてたみたい。
 まあそんな努力の成果もあってか、どうにか人様に見せても恥ずかしくない程度には性長した小陰唇。

 ところが結婚して長男を出産したとき、会陰縫合をしたのだけど、その痕がピリピリと痛いらしく、それから長らくの間、小陰唇を引っ張ったり伸ばしたりすることは、妻に禁止されました。
 それがようやく最近になって、唇の後ろの方(バギナがあるあたり)ではなく、前の方(クリトリスのすぐ下あたり)であれば痛くないと言うことでお許しが出たので、私たちの間ではそれを伸ばすのが、ちょっとしたブーム。

 先日、逝った後、私が親指と人差し指で妻の唇を摘んで左右に引っ張ってみた。けっこう伸びるもんですんねえ。何か感激してしましました。
 でも、よく見ると何かに似ている。ちょうどクリトリスを頭にして手を広げたコウモリみたい、それともムササビかなあなんてことに気が付いたので、思わず妻に

『コウモリみたい』と言いかけて、『あっやばい』と気が付いたんです。

 妻はちょっと変なことを言うとすぐに機嫌を損ねる。以前、ヤンキー座りでキュウリを挿入している所を見て『ウンチみたい』と言ってしまったところ、
しばらく口は効いてもらえないし、もちろんキュウリも長らく謹慎処分になったことがある。

 そこで「ムササビみたい」と言い直そうとしたんだけど、
ムササビでもまだたとえがよくないイメージかなあ」なんて思い、はたと言葉に詰まった私。

 でも必要に駆られると出てくるもんですねえ。そうモモンガです。コレならかわいいイメージだし、いいだろう。

 「モモンガみたいだねえ」と私。

 妻も、うれしそうに「そうでしょお。かわいいでしょお」とご機嫌。

 やれやれ、怒りっぽい妻の機嫌を取るのは気をつかって疲れるもんである。ひょっとして性生活そのものより疲れるかも。

posted by SUGIO at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/140490881

この記事へのトラックバック
応援、お願いします。 にほんブログ村 家族ブログ 夫婦生活(性生活)へ にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。