2010年08月22日

T字型フェラ

仰向けに
 寝た妻の上
  腕立てて
 我を含ます
  T字型フェラ

 この記事は、あることでお悩みの奥様方には朗報かもしれないけど、もしこれを実践させられたら男性陣は大変な苦労をさせられそうな物語です。


 この歳になって、新しい体位を開発するとは思ってもみませんでした。
 ある体位と言っても、本番のそれではなく、フェラの時の体位のことですが、、、。
 妻もフェラをするのは嫌いではない(というか、客観的に私からみても、かなり好きなようにみえますが)のですが、とにかく長時間していると首が痛いとか、顎がだるいとか、やたらと文句を言います。

 上向きに寝ている私の股の間に寝そべっってするときは、背中を反らさないといけないので、腰が痛いとか。
 それをいやがって私を股の間で四つん這いの姿勢でフェラをすると、片手で私のモノをしごきながらするので、もう一方の手で自分の体重を支えないといけなくなって腕が痛いとか。
 逆に仰向けに寝た妻の横に私が座ってモノを含ますと、どうしても断面で言うとモノを横向きに咥えるため、鈴口に舌を這わせにくいとか。
 断面が横に広い楕円形の私のモノ、どうしてもその分口を大きく開けないといけなくなって、顎がだるいとか。
 はたまた、首を横に向けないといけないので、首がこってくるとか。

 まあ、とにかく、妻は文句の言い放題なんです。
 そんなに文句を言うならしなきゃいいのにと思わなくはないけど、こちらとしても妻のフェラは気持ちがいいので、文句を言われながらその都度、体位を替えながらもお願いするしかない弱い立場。

 昨日もいつものように、文句を言われながらもいろいろと体位を替えながらフェラをしていた私たち。妻の横に座って含ませていたとき、ふとした拍子に妻の顔の上でそのまま私が手足を伸ばして覆い被さり、腕立て伏せをしたところ、妻は結構楽チンみたくて、結構ご機嫌の様子。

 かたや私。腕立て伏せなんて何十年ぶりだろうか。本当に苦しい修行のようなフェラでした。
 それに加え、妻はフェラ(というか妻は指も使わずじっとしたままで、私のほうが動くイラマチオ)のとき、私の根本、約2本文は入れないように残して腰を使わないと、のどに当たってオエッとなるので、相当な注意が必要なんですが、腕立て伏せをしながら含ます長さを調整するのは至難の技。

 絶対に男性陣にはお勧めできない体位でした。
 これを読んだ女性の方、いくら普段フェラの時首が痛いとか、顎が疲れるとか思っていても絶対にご主人にこれを強制しないでくださいね。
 口上死する危険性がありますから。
 
posted by SUGIO at 13:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

φ(゚ー゚)ホォホォφ(。_。)メモメモ

でも・・
今の米ドル並みの重さがあるうちの旦那に
口上死されたら、私は間違いなく腹下死だけど・・(汗)
Posted by ぼたん at 2010年08月27日 09:39
>ぼたんさん、こんにちは。

 絶対にメモはしないでくださいね。(汗)

 まあ、ぼたんさんが腹下死なら、ちなみに私は尻下死かも。(笑)
Posted by SUGIO at 2010年09月02日 21:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/160224373

この記事へのトラックバック
応援、お願いします。 にほんブログ村 家族ブログ 夫婦生活(性生活)へ にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。