2010年12月05日

飲ませるくせに

「私には
 飲ませるくせに
  飲めないの」
 そんな川柳に
  妻がニンマリ

 口射精飲を習慣にされているカップルの方も、結構おられるのではないかと思いますが、男性がご自分の精を口にする機会はあまりないのではないでしょうか。
 かく言う私もほとんどその経験はありませんでした。

 妻は精飲後、必ず私にキスをしてくるのですが、その時多少は唇に精が付いていることもあったかもしれないし、ある時一度だけ(
こちらの記事)わざと全部飲み込まずに少し口に残しておいて、それをキスしたときに舌で私の口の中に入れられたことがあります。
 なんと表現したらよいか。味とか匂いとかではなく、とにかくオスそのものの雰囲気とでも言うのか、そのような感触が口一杯に広がってびっくり。
 「ああ、妻はこういうモノを口で受けて、飲み干してくれてるのか」と思いちょっと感激したことを覚えています。


 話しはそれましたが、先日、夜妻とドライブしていてふとラジオから流れてきた大人の川柳の番組。その中で冒頭の一句。
「私には 飲ませるくせに 飲めないの」
 たぶん精飲の習慣のない方は、酒のことだろうと思ってると思うのだけど、私たちにはすぐにピンときた。

 妻は、
「あなたと一緒ね」と言うので、私が、

「前にちょっと舌で入れられてのをちゃんと飲んだだろ」

「あんなの飲んだうちに入らないわよ。私なんか20年も飲み続けてるのよ。感謝しなさい」

 何も、頼んで飲んでもらってるわけではないんだけど、、、。そのあとの話しの流れで、ついに私も飲まされることを約束させられてしまいました。


 そんなわけで昨晩、生理初日の妻。妻はつきあい始めてから必ずと言っていいほど、生理初日は口射精飲をする。前の日にエッチしていてもそれは関係なし。習慣というのは不思議なものですね。

 私が妻のフェラに耐えかねず口に発射したあと、全部飲み干さずに少し残して私に口移し。
 前回と同じく、一瞬にして口の中が私のオスで満たされる。一大決心してそれを思いっ切り飲んでしまいました。

 顔をしかめている私をみて、妻は満足顔。絶対にSだと思う。

 後で、口に出るときの感触を妻に聞くと、私が感じている「オスが広がる」と言うのではなくて、「ピクンとなってその後口中が暖かくなる」という感じらしい。

 私も妻にオマ○コに挿入していて、濡れすぎて困るときはよく途中で抜いては本気汁を口ですすり取ることがあるが、「メスが広がる」なんて言う感触はない。
 今度はそれを妻に口移ししてみよう。
妻は、「メスが広がる」なんて感触を覚えるのだろうか。ちょっと興味津々です。




応援、お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦生活(性生活)へ
にほんブログ村
posted by SUGIO at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
応援、お願いします。 にほんブログ村 家族ブログ 夫婦生活(性生活)へ にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。