2011年01月29日

我を頬張り

「こんなにも
 良くしてくれて」と
  言いながら
 ゴムをむしりて
  我を頬張り

 昨日は久しぶりの夫婦生活、というか正規のポジションに挿入しました。

 しばらく、顔射とか口射が続いてたうえに、今週途中の明け方、妻のベッドに潜り込んで朝勃ちしたモノを妻のお尻に擦り付けてたら、突然妻が布団に潜って私のモノを咥えてきた。結構本気モードもしゃぶり方。案の定、あっという間にお口で抜かれて、撃チン。

 そのまま眠ってしまい、朝起きたら、ボクサーパンツの社会の窓から萎れた私のモノの先が出たままだし、パンツにも乾いてカビカビのになったものが付いてました。

 と言うことで昨夜は、久しぶりの挿入。楽しみにしてたんですが、妻が危険日なので、ゴム付き。
 妻も私もどうしてもゴムが苦手。あれほど濡れ性の妻がなぜかゴムをすると濡れにくい。ので、いつも妻が痛くないか心配しながらのピストン運動。
 妻は妻で、ゴムで締め付けられた私のモノが痛そうで気になってしまい、どうしてもエッチに集中出来ないという。

 でもさすがに昨日は久しぶりの挿入と言うこともあって、たっぷりと濡れた妻。思いっ切り頑張りました、ハイ。

 その甲斐あって、妻も何度か深い絶頂を迎えられたみたい。それを確認して私も安心して精を放出しました。

 放出後、しばらくして私のモノを妻から抜いた瞬間です。
 突然、妻が向きを変えて私のモノに顔を寄せたかと思うと、ゴムを思いっ切りむしり取って、パクリと口に咥えてきたのです。
 そして、
「ごめんね。私だけこんなに気持ちよくしてくれて。ごめんね」
と言いながら、思いっ切り吸ってくるのです。

 そう、妻は、「ゴムは痛いもの。だからその中で逝くのは私もあんまり気持ちよくない。」と思ってるのです。
 そりゃー、生で逝くのとは雲泥の差ですが、妻の中での射精には違いないので、顔射などより遙かに肉体的には気持ちいいのです。
 が、妻には、いつも「ゴムの中で終わるのはなんか窮屈だし、味気ないなあ」などと言っているせいか、ゴム射で妻が深く逝ったときは、いつも妻はちょっとした罪悪感を感じるらしい。

 それが、ゴムをむしり取って咥える、といった行動にでるようです。
 むしり取る瞬間はゴムの外側に着いた自分の愛液や内側の精液や¥が、顔に飛び散るのですが、それも気にせず咥えてくれる。

 そんな妻の様子を見てると、とても今更、「僕も、ゴム射でも結構気持ちいいんだよ。痛くはないんだよ」なんて、とても言えない。
 その言葉は墓場まで持っていくこととしよう。


他のご夫婦はこんなこともしています    

 いいかもって思っていただければ
こちらをポチッとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦生活(性生活)へ

にほんブログ村    
posted by SUGIO at 22:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然のメール申し訳御座いません。
初めまして、管理人様。
私は40代夫婦の性生活の管理人をしております、いちろうと申します。

この度は貴サイトとの相互リンクをお願いしたく
ご連絡させていただきました。

誠に勝手ながら当サイトではすでに、貴サイトをリンクにご紹介させていただいています。
もし宜しければ、是非相互リンクをお願いしたいと思っております。
できる限りアクセスをお送りできますようブログ内での紹介等も考えておりますので、
勝手なお願いではありますが、何とぞ宜しくお願い致します。

-------------------------------------------
40代夫婦の性生活
Posted by いちろう at 2011年05月24日 16:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/183078610

この記事へのトラックバック
応援、お願いします。 にほんブログ村 家族ブログ 夫婦生活(性生活)へ にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。