2006年09月18日

泡立つ愛液

巴にて
  妻のオマ○コ眺むれば
 ひくつくお口に
  泡立つ愛液
 
 

 

 


 
 妻は、フェラをするときにシックスナインの体勢をとるのが、あまり好きではないとのこと。と言うのも、フェラしているときにクンニをされると、感じてしまって、大好きなフェラに集中できないからだそうです。
 でも私は、クンニされながらも、一生懸命咥えてしゃぶろうとして、もがいている妻を見るのも楽しみなんです。
 
 最初は「大丈夫、、舐めないから。見るだけだから」と言って、女性上位のシックスナインの体勢に入ります。妻は、フェラをしていると自分も感じてくるらしく、オマ○コの入り口から透明な汁が出てきます。しばらくさわらずに見ていると、膣の周り当たりの小陰唇の高さが低いため、ツーッと内股の方をつたってお汁が
垂れてきます。粘度が低いせいか高いせいかよくわからないんだけど途中から、下にいる私の頬か首筋当たりにポタッ落ちてきます。
 
 妻もそれが判るらしく恥ずかしがるのですが、私は「あっ、顔に垂らしたなぁ。お仕置きにチ○チンを根本まで咥えて、喉に当ててみてっ!」とお願い。つまり自分からイラマチオをさせるんです。
 そうすると、先っぽが喉に当たった瞬間、オマ○コがキュウっと内側に大きく収縮するんです。そしてそのあと、うわっと外側にめくれるんです。
 
 それを下から見るのは、本当にいい眺めなんだけど、それ以上に卑猥なのは、何回かそれを繰り返しながら、お尻を両手に持ってオマ○コを開いたり閉じたりしていると、愛液がどんどん泡状になって、最後はブクブク蟹さんみたいに、泡が提灯状態でオマ○コから垂れ下がってくるんです。

 そこで私が、下から思いっきり喉の奥に突き立てると、妻が収縮した途端、泡の連なりが、ボトッと私の鼻の上当たりに落ちてくるんです。
 
 顔射されるってこんな感じなんだろうな、なんて妻と疑似共通体験を持てる幸せな一瞬です。
 
 でもザーメンと違い、愛液は匂いもないし、舌で舐めても味もないのが、逆に不満と言えば不満です。


posted by SUGIO at 13:04| Comment(4) | TrackBack(1) | 愛駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月30日

愛液をカリで掻き出し

後ろから
 秘壷かき混ぜ
  愛液を
 カリで掻き出し
  飛び散りし
 シーツにねっとり
  本気汁かな


 後背位で、お尻をたたいたり、アヌスにいたずらしたり、手を回して乳首をつまんだりしながら、するのも好きです。
 が二人のお気に入りは、なんと言っても、チ○チンとオマ○コ以外のどこも触れないようにして、ひたすらピストン運動をすることです。そうすると、すべての感覚が、そこに
集中されるので、体全体がペニスとヴァギナになった錯覚を覚えるくらいの快感を得られるのです。

 激しい前後運動で、愛液がヴァギナの中で、白くかき混ぜられて、ペニスの根本には白くドロッとした固まりがついてきます。それでもそのまま続けていると、ペニスのカリで掻き出されて、シーツ一面に飛び散ります。
 僕たちの愛の基本はなんと言ってもお互いの体液の交換なんです。だから、精液や愛液、また本気汁すべてにまみれながら愛し合うことを二人とも一番大切にしているので、
そのときは二人べとべとぐじゅぐじゅになって戯れるのですが、シーツを洗った日に限って、なぜか大量に飛び散るので後で妻はあとで少しむくれたりもしてしまいます。

イイよって思ったらポチっとおしてね!人気blogランキングへ
 
posted by SUGIO at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

入れて欲しいとせがまれて

月の日に
 入れて欲しいと
  せがまれて
 血と愛液に
  まみれけり
 
 
 
 昨晩、生理になった妻がいつものように、「ごめんね、今日はできないからお口でがまんしてね」と言って、口で抜かれました。
  本当は、一昨日したところなので、まだしなくてもよかったのですが、妻は生理が始まると必ず、ザーメ○を飲まないと落ち着かないのです。
 

 二日続けてはやっぱりしんどいなあと思いつつ、眠りについたのですが、朝になって妻が私のベッドに入って来て、チンチ○をそっと握ってきます。ある程度大きくなると、はずかしそうに「やっぱり入れてぇ」とせがんできました。
 そして朝から、バスタオルを敷いて血まみれになりながら一戦交えさせられました。と言うことで、妻は今日一日ご機嫌でしたが、私は一日だるくて、本を読んでもパソコンの前に座ってもすぐにうとうとしてしまいます


イイよって思ったらポチっとおしてね!人気blogランキングへ
posted by SUGIO at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

顔の上妻が座りて

顔の上
 妻が座りて
  腰振れば
 顔に流るる
  秘壺の愛液
 
 
 妻を僕の指や口で2,3回往かせた後、僕のチンチ○を咥えさせることにしています。たぶん本当はオマン○で欲しくて欲しくてたまらないみたいで、その証拠に上向きになった僕の足元に四つん這いになってチンチ○を舐めるんだけど、よく見ると、愛液が内ももをつたって膝近くまでツーっと、流れています。

 そんなもんだから、あまりじらしてオマン○に入れないでおくと、妻は、エェイッ!といって僕をねじ伏せて、騎乗位になってチンチ○をオマン○で食べようとします。

 それでも僕は、マダダメッと言って、妻を僕の顔の上に座らせます。最初はベッドのヘッドボードに手をついて、少し腰を浮かせているのですが、そのうち全体重を僕の顔の上に乗せて、オマン○をぴったりと口と鼻にくっつけて前後左右にクネクネと腰を振ります。

 当然僕の顔は、妻の愛液と本気汁でべとべとになります。透明な愛液の方は無味無臭ですが、白濁した本気汁は、少しツンとした酸味があります。僕もできるだけヴァギナに舌を入れてそれらを吸いだしてやります。
 

 そうして僕の顔の上でもう一回終わらせてから、ご褒美に騎乗位でオマン○にチンチ○を食べさせてやります。そうすると、妻は僕の上で潮を噴いてしまい、僕の下腹や、タマタマの横をつたって下のシーツまでビッチャリになってしまいました。

 そんな金曜日の夜。その後、妻は赤ん坊のようになって僕のチンチ○の先を吸いながら眠りにつきました。おかげで僕はなかなか寝付けず、いま起きたところです。

 妻は、家庭菜園のキュウリを取りに行っています。さっき「上の口だけでなく、下の口で食べるものもとっておけよ。自分でおいしそうと思う奴をな。」って言うと「うん。」と言ってくれたので、今度は一年ぶりに妻にキュウリを食べさせてやることができるかもしれません。楽しみです。


イイよって思ったらポチっとおしてね!人気blogランキングへ 
posted by SUGIO at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
応援、お願いします。 にほんブログ村 家族ブログ 夫婦生活(性生活)へ にほんブログ村

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。